正しいシャンプーの手順:すすぎはとにかくしっかりと

正しいシャンプーの手順:すすぎはとにかくしっかりと

まず初めにブラッシングします。これにより髪のからまりを取り汚れを落としやすくし、頭皮の血行をよくし健やかで美しい髪を育てることができます。

 

 

シャンプーをつける前に髪を十分に濡らします。実はこれで髪の汚れの半分以上は落ちるので少ない量のシャンプーでも泡立ちがよくしっかり洗髪できます。シャンプーは直接髪には付けず手でなじませてから付けます。泡立ちが悪い時は一度流して二度洗いします。手の指の腹で優しく地肌をマッサージするような感じで洗います。爪を立てると地肌を傷つけます。

 

 

頭皮と顔の皮膚は繋がっていますので、よくマッサージして血行をよくし頭皮を柔らかくすることによって、顔のたるみ防止、リフトアップにもなります。額のシワや目元のたるみの原因は頭皮にあるのです。意外と知らない方も多いので意識してマッサージするように心がけたいものです。

 

 

すすぎはしっかりとします。きれいに流せたと思ってからさらに1分くらいは流してください。特に生え際はすすぎ残しが多いので注意し、髪の多い人は念入りに地肌を流してください。シャンプーが地肌に残ってしまうとフケ、痒み、地肌ストレスの原因になります。
地肌ストレスがたまると皮脂が増えかゆくなり、掻きむしってしまうと地肌を傷つけさらに痒くなるという悪循環になります。

 

 

仕上げに自分に合ったコンディショナーまたはトリートメントをします。これも流し足りないとフケ、痒みの原因になりますので注意が必要です。