筋肉とたるみ

筋肉とたるみ

顔がたるんでしまう原因の一つに筋肉の衰えが挙げられます。私たちの顔には目や鼻や口がありますが、それらを動かす筋肉を表情筋と呼ばれる筋肉があります。この表情筋の中でも前頭筋と呼ばれる眉毛を動かす筋肉があります。

 

 

眉毛を上下するときにこの前頭筋が使われるのですが、この前頭筋が使われないでいると衰えてしまい、顔のたるみを引き起こしてしまうのです。つまり前頭筋を鍛えることによって、顔のたるみを解消できるのです。ではどうすれば前頭筋を鍛えることが出来るのでしょうか?まず、眉毛にそって鼻に垂直に人差し指を置きます。眉毛を上にあげると、おでこに皺が出来ますよね?それをこの人差し指で皺ができないように押さえつけるのです。

 

 

これを5セット位繰りかえすのです。そうすると前頭筋を鍛えることが出来るのです。また顔のたるみ以外にも頭痛の予防にもなるので、是非時間を見つけてやってみて下さい。顔がたるむのは加齢だけが原因でないのです。筋肉を使わないで衰えてしまった筋肉も、たるみを引き起こしているのです。私たちの顔には前頭筋を含め沢山の表情筋があります。しかしこの表情筋は普段生活していても全てが使われるわけではないのです。

 

 

表情筋の約30パーセントしか実は使われていないのです。残りの70パーセントは使われることが殆どないので、衰えて行ってしまうのです。是非筋肉も鍛えてあげるようにしてください。特に前頭筋は頭皮の筋肉とつながっていますので、頭皮の筋肉をマッサージもしながら前頭筋も鍛えてあげましょう。