驚愕!顔のたるみの原因

たるみを防ぐ頭皮ケアの方法:正しいシャンプーの方法

頭皮は顔の皮膚と繋がっています。
顔の皮膚がたるむ様に頭皮もたるみ、老化するのです。
皮膚の構造は体中どこの箇所も全く一緒なのです。

 

顔のたるみを防ぐには顔のケアだけをしても効果が少ないのです。
頭皮ケアも併せて行うことで顔のたるみの防止に繋がります。
頭皮ケアの基本はシャンプーです。

 

毎日行う事ですので、正しいシャンプーの方法を是非覚えて下さい。
まず、髪の乾いた状態でブラッシングをして下さい。
髪を洗う前にブラッシングする事で髪や頭皮の汚れを浮かせます。また、ブラッシングすることで頭皮マッサージの効果もあり、髪の絡まりを取っておく事で泡立ちが全然違います。

 

次にしっかりと地肌と髪をぬらして素洗いをして下さい。
熱いシャワーでしっかり洗うことで、汚れの70%は落ちます。このとき頭皮全体を指でマッサージする様に洗って下さい。
シャンプーはよく泡立てて頭の数箇所に分けてつけていきます。
原液を直接地肌につけて泡立てると髪と頭皮を痛める原因になりますので注意して下さい。

 

頭皮を洗うことで髪の汚れもちゃんと落ちるので、頭皮をしっかりと洗って下さい。
すすぎはとにかくシッカリと行って下さい。
頭皮にリンスなどを絶対に残さない事が大切です。すすぎは倍の時間をかけて行って下さい。

 

また、髪を洗った後は必ず乾かして下さい。
そのまま放置するとキューティクルが傷ついてしまいます。
毎日行うケアですので、正しい方法を身に付けて習慣にして下さい。

正しいシャンプーの手順:シャンプー前の乾いた状態でブラッシング

日々の洗髪は頭皮の健康と保つために必要なことですが、シャンプーをするところから洗髪が始まるのではありません。

 

洗髪は、髪の毛を濡らすところから始まるのではなく、髪の毛がまだ乾いた状態の時から準備を始めると効果的なのです。用意をするのはブラシです。静電気を防ぐためにナイロン製のものよりも自然毛のブラシの方がより効果的です。

 

このブラシによってシャンプーをする前の乾いた状態の髪の毛にブラッシングをしておきます。そうすることによって、洗髪の効率がぐっと高まりまるのです。ブラッシングによって髪の毛に付着していた細かいほこりを払うことができ、シャンプーをした際の泡立てが良くなります。その結果、毛穴に対しての洗浄効果が増し、余分な皮脂や汚れをしっかりと落とすことができるのです。

 

さらに、ブラシを使って髪をとかすという行為自体が、頭皮を健康にするのに役立ちます。ブラシによる頭皮への刺激は頭皮を強化します。そして、頭皮が強化されることによって、同じ皮1枚でつながっている顔の方の皮膚も強化することができるのです。

 

顔の皮膚の強化がもたらすのは、加齢になどによる顔の皮膚のたるみを予防です。頭皮への刺激が顔の皮膚も刺激をして、若さを保つ効果があるのです。洗髪の前の乾いた状態でのブラッシングには、シャンプーの泡立てを良くして洗髪の効果を高めるとともに、頭皮の健康を促進して顔の皮膚の健康も促進する効果があるのです。